2006年10月28日土曜日

定期健康診断を行いました!

労働安全衛生規則の第44条に定められている定期健康診断を会議室と食堂を使って実施いたしました。

検査項目は、
既往歴及び業務暦の調査、自覚症状及び他覚症状の有無の検査、身長、体重、視力及び聴力の検査、胸部エックス線検査及び喀痰検査、血圧の測定、貧血検査(赤血球数、血色素量)、肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)、血中脂質検査(血清総コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)、血糖(HbA1cのみも可)、心電図検査(安静時心電図検査)、尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)です。

この中で40歳未満の者は省略項目もありますが我社では全員がこの項目の検査を受けました。


北摂クリニック様がレントゲン車で医師を含めて6名のスタッフの方が来られてテキパキと進めていただき1時間で全て終了いたしました。


高嶋博@社長の日記


2006年10月17日火曜日

顧客満足度調査

お客様へのサービス向上のために満足度調査を毎年実施しており、今年度の顧客満足度調査の結果を営業チームより報告を受けました。
ネットでの受注が増えているため今年からはネット受注のお客さまの満足度を調べるため昨年までは年間50社の調査を行っておりましたが今年度は80社に増やしての調査を行いました。

昨年度は最高得点が97点、平均点84点でしたが、本年度は最高100点を1件のお客様から頂きましたが平均点が79点と下がってしまいました。
三元ラセン管工業の基準ではBのランクで満足度アップに向けた活動が必要であります。

顧客満足の低下している要因は原材料(ニッケル等)の高騰で材料価格の不安定と材料確保のてんで外注先の金具加工の見積が即答できない状態が続いているためお客様への回答が遅れていることが低下の原因のようです。


高嶋博@社長の日記

三元ラセン管工業

2006年10月3日火曜日

18年度IT経営百選 奨励賞をιだきました!

 


IT経営百選とは、経済産業省IT経営応援隊事業の一環として、経営戦略、ITの活用実態などが優れており、中小企業経営者の目標となり得るような21世紀型中小企業を選出し、表彰するもので、平成16年度に111社が表彰されています。

16年度に引続き、平成18年度も「IT経営百選」の募集を行い、IT経営百選選考委員会による選考が終了し、受賞企業161社が2日に経済産業省から記者発表されました。

IT活用に取組みだしてまだ2年目の三元ラセン管工業ですが今後経営改革を進めていくための勉強にと応募してみましたが奨励賞に選ばれておりました。

e製造業の会からは最優秀賞サカエヤさん枚岡合金工具さんが優秀賞には久米繊維工業さん大阪製作所さん蒲郡製作所さんが、IT活用賞共伸技研さんが受賞しています。
金メッキでお世話になった福井の三和メッキ工業さんが優秀賞を受賞しています。




三元ラセン管工業
高嶋博@社長の日記