2006年9月29日金曜日

走査電子顕微鏡(SEM)による調査

三元ラセン管工業ではお客様にご満足いただける製品を提供するために、材料分析・試験・評価・調査等は住友金属テクノロジー様に依頼して品質の向上に努めております。

写真はSUS304フレキシブルチューブの取り付け時のミスによりチューブの谷部に異常に応力が集中して破断したチューブ断面を走査電子顕微鏡(SEM)にて観察したものです。
金属は曲げ繰り返し応力が行われると金属疲労を起こし最後には破断いたします。

ミクロ組織観察


破面のSEM観察



高嶋博@社長の日記

走査電子顕微鏡(SEM)による調査

三元ラセン管工業ではお客様にご満足いただける製品を提供するために、材料分析・試験・評価・調査等は住友金属テクノロジー様に依頼して品質の向上に努めております。

写真はSUS304フレキシブルチューブの取り付け時のミスによりチューブの谷部に異常に応力が集中して破断したチューブ断面を走査電子顕微鏡(SEM)にて観察したものです。
金属は曲げ繰り返し応力が行われると金属疲労を起こし最後には破断いたします。

ミクロ組織観察


破面のSEM観察

2006年9月25日月曜日

光輝焼鈍とは、

光輝焼鈍とは、
連続光輝焼鈍炉はアンモニア分解ガスの雰囲気中を1050℃に加熱された炉の中を通って400℃に急冷し表面の酸化を防止し表面を光輝状態に保持する熱処理で、熱処理後の酸洗いは必要ありません。
続きはこちらより


経営者会報ブログ「社長の日記」4月13日の「金属は加工を繰り返すと加工硬化を起こし固溶化熱処理をしなければなりません。」の連続光輝焼鈍炉です。
写真の提供 (有)阪和熱工より

高嶋博@社長の日記

2006年9月22日金曜日

テフロン製ベローズも提供します。

 
現在我社で生産している金属製ベローズではなく樹脂のPTFEベローズもお客様の要求に答えるために取り扱い製品の一つに加えました。

PTFEベローズは一体ものの切削加工で製作いたします。
写真提供は㈱エステック


高嶋博@社長の日記



 

2006年9月15日金曜日

真空装置に組み込まれるベローズ

 
材質SUS316L 板厚0,15ミリ 内径62ミリ、真空装置の中に組み込まれる成型ベローズです。

大きな画像はこちらでベローズ金具加工の仕上げまで解ります。



高嶋博@社長の日記