ベローズ案内人のブログ

2005年4月22日金曜日

メカニカルシールとは 、

 
メカニカルシールについての説明が当社の取引先でもあるイーグル工業のページに面白く、判りやすく説明していましたので紹介いたします。

メカニカルシールとは

メカニカルシールは回転機器のオシメです。
一言に回転機器のオシメと言ってもピントきませんね。
続きを読む…イーグル工業

2005年4月20日水曜日

安全弁とは

安全弁((Safety Valve)とは流体の発生装置の安全を確保するために使用される。
流体の圧力が最高使用圧力を超えたときに自動的に弁の口を開いて、流体を放出し、圧力を下げて安定をはかるバルブを言います。

大気に放出できない流体(気体)の場合にはベローズを使用している安全弁を使用いたします。

安全弁メーカー福井製作所ホームページより…ロケット打ち上げ基地における圧力機器の安全装置として、数多くの安全弁…続きを読む
福井製作所

他にも安全弁メーカーとして中北製作所

2005年4月15日金曜日

大阪産業大学の研究生 Mrカミュ ジュリアン氏が会社見学に

先日に引き続いて14日もフランスからの留学生(大阪産業大学 研究生)Mr カミュ ジュリアン氏が工場撮影に来社しました。
先日は通訳同行でしたが今回は一人のため冷や汗を書きながら身振り手振りで対応しました。

撮影中のMrカミュ ジュリアン氏

2005年4月7日木曜日

技術経営(MOT)講座のケーススタディに

財団法人・大阪市都市型産業振興センターが16年度より中小企業経営者向けに開始した「ものづくり技術経営(MOT)講座」~中小製造業のためのマーケテイング力強化プログラム~ でのケーススタディに三元ラセン管工業が企業経営の実例(ケース)としてプログラムの中で紹介されています。

技術経営(MOT)とは、技術者に企業経営を学んでいただく事で技術に基づいた経営戦略の立案が出来る人材を養成すること。
(大阪産業創造館発行の講座パンフレットより)
中小製造業のためのマーケテイング力強化プログラム

2005年4月4日月曜日

高圧ガス設備試験合格品

ベローズフレキシブルチューブ高圧ガス設備試験合格品は三元ラセン管工業にお任せください。


高圧ガス設備試験とは

○ 高圧ガス設備試験は、通達「一般高圧ガス保安規則第6条第11号等の規定による試験を行う者及び同項第13号等の規定による製造を行う者の認定等について(平成9年4月1日付09・03・31立局第42号)」に基づいて行う試験です。
○ 高圧ガス設備の製造をした者及び輸入をした者が受けることができます。
○ 高圧ガス設備試験における「高圧ガス設備」とは、高圧ガス保安法上の高圧ガス設備であって特定設備以外のもの、例えば、ポンプ、圧縮機、管類、弁類等をいいます。
○ 高圧ガス設備試験は、一般高圧ガス保安規則、液化石油ガス保安規則及びコンビナート等保安規則並びに協会の「高圧ガス設備試験マニュアル」[機-50302]に従って行われます。
○ 高圧ガス設備試験においては、耐圧試験、気密試験、肉厚確認等を行います。
○ 試験を終了した機器については、高圧ガス設備試験等成績証明書が交付されます。完成検査又は保安検査において、高圧ガス設備試験に合格したものであることを確認できる機器については、試験等を現に行うことを要しないこととなります。